postgresのチートシート

ロングトランザクションの確認

SELECT
  procpid,
  waiting,
  (current_timestamp - xact_start)::interval(3) AS duration,
  current_query FROM pg_stat_activity
WHERE procpid <> pg_backend_pid()
AND (current_timestamp - xact_start)::interval(3) >= '3 minutes'::interval;

9.3の場合

SELECT
  pid,
  waiting, 
  (current_timestamp - xact_start)::interval(3) AS duration,
  query
FROM pg_stat_activity
WHERE pid <> pg_backend_pid()
AND (current_timestamp - xact_start)::interval(3) >= '3 minutes'::interval;

interval(小数点以下の桁数)

queryの取り消し

SELECT pg_cancel_backend(プロセスID);

取り消しが効かなかったら

SELECT pg_terminate_backend(プロセスID);

AWSのインスタンスを作る際のおまじない

AWSインスタンスを作る際のおまじない

User data

timezoneとlocaleを日本にする

#cloud-config
timezone: Asia/Tokyo
locale: ja_JP.UTF-8

php 5.1から 5.5にバージョンアップではまったこと

yumphpを5.1から5.5にバージョンアップしたら /etc/php.d/memcache.iniに設定したsession設定が 戻ってしまったので調査しました phpinfoなどで確認すると以下の設定に上書きされました

session.save_handler=files
session.save_path="/var/lib/php/5.5/session"

いろいろ調べてみたら、犯人は/etc/httpd/conf.d/php.confでした

#
# Apache specific PHP configuration options
# those can be override in each configured vhost
#
php_value session.save_handler "files"
php_value session.save_path    "/var/lib/php/5.5/session"
php_value soap.wsdl_cache_dir  "/var/lib/php/5.5/wsdlcache"

各vhostでオーバーライド可能らしい 結局VirtualHostで再設定することで解決

<VirtualHost *:80>
php_value session.save_handler "memcache"
php_value session.save_path    "tcp://memcache1:11211"
</VirtualHost>

Markdown書き方メモ

見出し1

見出し2

見出し3

見出し4

イタリック

イタリック

太字

太字

  • リスト項目1
  • リスト項目2
  • リスト項目3

  • リスト

    • ネストリスト
      • ネストリスト
    • ネストリスト

引用 テスト テスト!!!

<?php
phpinfo();
?>
  1. リスト1
  2. スト2

println('helloWorld');

left align right align center align
this this this



はてなブックマーク

取り消し線